ディーラー下取りのメリット、デメリットとは?

ディーラー下取り メリット、デメリットをご紹介します。

 

車をディーラーで下取りしてもらう場合に、メリットとデメリットを確認しておいてください。

 

ディーラー下取りのメリット
・車を売る手続きと購入の手続きを同時にできる。

 

・新車が納車されるまで下取りに出した車を乗り続けられる。

 

・買取り店によって値段が付けられない車も、ディーラーの下取りキャンペーンで車に値段が付く場合がある。

 

ディーラー下取りのデメリット
・下取りは買取りよりも査定額が低い(10万以上は違います)
※提示された下取り価格は、新車購入にあたっての値引き額が上乗せされています。つまり、ディーラーの営業マンが新車を売りたいとき、下取り価格をつり上げて新車の値引き額に乗せています。
※ディーラーは中古車の取り回しが苦手、下取り車は他の中古車販売店などにまかせることになります。その際に発生する中間マージンを、下取り価格を出来るだけ安くすることで吸収。

 

下取りのメリットもありますが、デメリットのほうが大きいのが一般的です。

 

まずは、愛車の適正な下取り価格を知っておくことが必要なので、中古車買取り店への一括見積もりを活用して事前に下取り価格との比較情報を持っておくことをおすすめします。

 

車高額査定