エコカー減税とは?

エコカー減税とは?

「エコカー減税」と言う言葉をよく聞くがどんなものかわからないと、そんな人も多いかもしれませんね。

 

エコカー減税というのは、一言で言うと環境対応車、エコカーの普及促進のための税金制度のことです。

 

エコカーというのは、例えばハイブリッド車や電気自動車、燃費の良い小型車をさしています。

 

環境に優しい車を購入する人へ自動車税、自動車取得税、自動車重量税などの税金面で優遇される税金制度のことです。

 

平成21年度の税制改革でエコカー減税が注目されました。

 

100%エコカー減税対象車は各メーカーです。

 

例えばトヨタでいえば、プリウスやエスティマハイブリッド、クラウンハイブリッドなどがエコカー減税で100%減税対象です。

 

比較的今乗っている車を売却して、エコカー減税があるうちに車を買い替えるといった方が多かったように思います。

 

ホンダでいえば、インサイトとシビックハイブリッドがエコカー減税対象となります。

 

新車の買い替え補助制度とエコカー減税を合わて、ハイブリッド車はなんと40万円以上も安く購入できるのです。

 

エコカー減税期間は税の種類によって異なります。

 

そして、エコカー減税のタイミングでの車の買い替えですが、エコカー減税対象車に買い換えた場合は新車でも中古車でも対象になるので大変お得です。

 

車を査定する

車の税金に関して

 

車を買うとお金がかかるというイメージがありますが、実際に車の維持費の多くを占めているのが税金です。

 

払っている自分でも意外と知らない税金についてまとめて行きます。

 

 

車にかけられている税金とは!?

 

・車検費用に含まれている高額な自動車重量税

 

・ガソリン代にガソリン税と消費税が含まれている

 

 

車にかかる税金に種類がたくさんある理由とは

 

元はぜいたく品としての扱いだった車に税金がかけられていたという理由と

 

道路を整備する必要があり税金がかけられた

 

という理由があります。

 

実際に、地方では車は必需品であり、ぜいたく品でああリマ千。道路の維持費用のための徴収している税金は、一般財源化されているので、

 

車にだけ課税する理由がなくなったとも言えるのです。

 

昔はなかった消費税も導入されて、車の税金は増える一方ともいえます。

 

 

車一台にかかる税金は?

 

自家用車にかかる税金は年間11万3100円です。

 

車購入時には、自動車取得税がかかります。最初の3年間の負担は50万以上にもなります。

 

 

廃止される税金は?

 

自動車ユーザーの要望が理解されて消費税10%の段階で自動車取得税廃止の方針が立ちました。

 

しかし、具体的な内容は今後議論される予定で、先行き不透明ともいえます。

 

 

 

自動車取得税 ・車を買ったときに支払う税金で50万以下は免除 ・用途は一般財源 3%から5%に変更

 

自動車重量税 ・車検、新車購入時 用途は一般財源 2500円から6300円/0.5t/年

 

自動車税 軽自動車税 毎年送付される納税通知書で払う 排気量に応じて課税 軽自動車は7200円/年

 

ガソリン税 ・ガソリン給油時 一般財源 ・53.8円/L

 

消費税 ・ガソリン給油時 一般財源 5% (ガソリン税にも消費税がかかっている)