車を売る際にディーラーを使うメリット

車を売る際にディーラーを使うメリット

 

車を売る際に、ディーラーを活用する方法が有ります。

 

ディーラーを使う場合のメリットとはなんでしょうか

 

車の買い換えをする場合には便利でうs。

 

ディーラーの中には新車だけじゃなくて中古車を扱っている所も有ります。

 

買う車種が決まっている場合、その車種のディーラーで車を売り、

 

下取りとして今乗っている車が扱われ、次に買う車の値段から引いてくれる点がメリットとなります。

 

手間がかからないのがいいですね。

 

特に下取りがお得なのは、売る車種と買う車種のメーカーが同じ場合です。

 

ディーラーは他メーカー車種を買う場合、車買取相場よりも低い下取り価格を提示する事が多いですが、

 

同じメーカーの場合、車買取相場より高い下取り価格で引き取ってくれる可能性があります。

 

買取専門業者に出すより高く値段が付く事が有りますので、メーカーが同じ場合はディーラーで車を売却する方がいい場合もあります。

 

また売却と言う手続きを同時に行えるのもメリットです。車の売却や購入には様々な手続きが必要になります。

 

意外とこの手続きが面倒なのですがそれを一度にディーラー側が主体で行ってくれるのは大きなメリットと言えますね。

 

その他のメリットとしては、新車購入した場合に今乗っていて売るはずの車を納車まで乗っていられると言うメリットが有ります。

 

納車時に古い車と交換すると言う方法になりますので、車を手放す期間が無く不自由なく車の買い換えが出来ると言うメリットが有ります。

 

ディーラーでの売却は価格が低いと思われがちですが、ディーラーの在庫状況や、車の状態次第では高く下取り価格が設定される可能性もあります。

 

買取か下取りかは一度ディーラーに出された下取り価格と、買い取り専門店の査定額を比較して、どちらで車を売るほうがお得になるか判断して決めてください。

 

買取専門店への車一括査定はこちらです。

 

→ ディーラーに車を売るデメリット

 

→ 10年落ちの車は売れる?

車を売る際にディーラーを使うデメリット

 

ディーラーで車を売ると言うメリットもたくさんありますが、ディーラーで車を売る際のデメリットも把握しておきましょう。

 

車を売る際には車買取相場があります。

 

ディーラーで売る場合、車下取りとなります。

 

買取専門業者と車下取りを比較すると車買取相場より低い価格になる可能性が高いので、これはデメリットになります。

 

やはり車買取相場かそれ以上の金額で売りたいですよね。

 

下取りと買取を比較すると、20万以上査定額が変わることもあります。

 

大手の買取業者を選ぶのも一つですが、一社でも多くの買い取り店に査定を依頼して、車査定額を競合させるのが賢明な方法です。

 

買取業者の場合、高価買取を売りにしている買取店が多いです。

 

その為に車売却交渉もしやすく、交渉次第でははじめに出した査定額よりも高く買い取ってくれる可能性があります。

 

それに対してディーラーの場合、車買取価格はある程度ディーラー側で決められてしまいます。

 

例えディーラーと交渉したとしても、枠が決められているのでそんなに大きくぶれないのがディーラー下取りの特徴です。

 

ディーラーの場合、査定についても金額が必要になったりと色んな所で手数料が発生しますので、この点もデメリットです。

 

もし車を高く売るならディーラーはあまり向きませんね。

 

買い取ってくれる車の程度も限度が有ります。

 

改造車や、事故歴の車は買い取ってくれない可能性が有ります。

 

もし買い取ってくれたとしてもかなり低い金額が提示されることがあります。

 

ディーラーで車を売却しようと言う場合には、そのメーカーで新たに車を買い替えると言う場合に有効で、それ以外で車売却をする際は、買取店の一括見積もり査定を活用してみてください。

 

高い車査定額を勝ち取る