車売却にかかる費用

車売却にかかる費用とは

 

 

自動車を売るときに費用はかかるのでしょうか?

 

 

買取店への一括査定で自動車の売値が決まり、いざ自動車売るぞ!

 

となった場合に

 

車を売却する費用を確認しておく必要がありますよね。

 

車を売る時にかかる費用とは

 

「下取車手続代行費用」

 

「査定料」

 

の2つです。

 

車を売るために、売主がその車の所有者である必要があります。

 

下取車手続代行費用とは、名義変更にかかる代行手数料としてのお金です。

 

所有者であるあなたから、中古車販売業者に名義を変更しなければなりません。

 

もし、年式が古い、キズが多いなどで、値段がつかなかった場合は、廃車費用がかかります。

 

業者に廃車手続きを依頼する場合は、

 

「廃車車両処理費」として1万円ほど費用がかかります。

 

廃車の手続きをするには、陸運局へ行って必要書類を集め、解体業者へ車を持って行き手続きを行います。

 

自動車リサイクル法に基づいて「自動車リサイクル料金」を新車購入時か車検時に払っていない場合は

 

リサイクル料金を支払う必要が出てきますのでこちらも確認してください。

 

ご自身で手続きをされるのではなく、業者に委託した場合、

 

「廃車車両処理費」の中に含まれるのかどうかを確認しておくことをおすすめします。

 

車を売る費用を確認したら、あなたの車がいったいいくらで売れるのか、自動車査定してみてください。

 

高額査定車

車の売却時に車検は必要

 

車売却の際に、車検は必要なのでしょうか?

 

車検の期限が切れてしまうので、車検を通さないで売ってしまいたいという方は多いと思います。

 

実際に、車買取相場と比較してあなたの車の値段が車検オ有り無しでどうかわるか気になるところですよね。

 

結論から言うと、車検が有っても無くても車の買取はしてもらえます。

 

車検を通していないと車検代が査定額よりマイナスされるのでは?

 

と思いがちですが、車検の有り無しに自動車査定額は左右されません。

 

車検が切れていたらそのまま自動車を売却してしまった方が売る方としてはお得です。

 

逆に言えば、車検を通したからといって、査定額が上がるというわけでもないということです。

 

ただ、車検が切れてしまっている場合、車を動かして行動を乗る事は出来ません。

 

放っておかずに、車査定前にはしっかり洗車をすることが、車買取相場以上の査定額を出すコツです。

 

洗車以外にも、タバコなどの臭い消し、車内の掃除、傷は細かい物で有れば直しておく等を気をつけましょう。

 

車検の有無よりもそうした事を気を付けた方が高額査定になりやすいです。

 

もちろん車検が切れたからと言って車検証は無効と言う事では有りません。

 

手続き上必要になりますので車検証は必ず取っておいてください。

 

また、自賠責保険に入っているならば保険証も用意しておきましょう。

 

また車には取扱説明書が付いているはずですので、取扱説明書もも有った方が良いです。

 

高い値段で、自動車売却をしたいなら

 

→ 自動車売却

車売却時期はいつがいいのでしょう?

 

自動車を買い換えるため、今まで乗っていた一万円でも高く自動車を買取りしてもらいたいですよね。

 

時期を気にしないで売るのは危険です。

 

時期を気にしなくても車は売れます。

 

しかし、中古車市場の繁忙期にこそ高く自動車買取をしてもらえることをご存知ですか?

 

実は車を売る上で、買取してもらう時期がとても重要なのです。

 

と高く買取をしてもらえる時期は1月から3月です。

 

この時期は就職のための自動車購入、転勤のための自動車購入などにより、中古車のニーズが上昇します。

 

そのため中古車の需要が上がり、自然と高く買取してもらえるのです。

 

また、季節性もあります。

 

冬になる前、4WDが高く売れますし、

 

夏に自動車を売りたい場合は、プリウスなどのハイブリッドですね。

 

まずはあなたの愛車をどのくらいで買取をしてもらえるのかを知るためにも査定をしてもらってください。

 

クルマ売却 ←こちら