痛車買取

痛車買取 モータースポーツで萌え上がっている痛車は売れる?

最近モータースポーツ界で痛車(イタシャ)が盛り上がっています。

 

視線が痛いという意味で痛車と呼ばれています。

 

もともとはアキバ系の若者たちがアニメ、ゲームの美少女ヒロイン(萌えキャラ)を車のボディーに大きく書いて自虐をこめて

 

痛車と呼んだことが発祥です

 

ここ数年専門雑誌にも登場

 

サーキット、都心でイタシャフェスタが開かれるほどの車趣味の一つに認知されています。

 

メジャーなモータースポーツに登場したのが2008年。

 

スーパーGTに参戦した初音ミクBMWチームが初音ミクキャラのファンとコラボして人気実力共に急上昇しました。

 

他カテゴリーにもイタシャが増え、アニメ作品のイメージを車のカラーリングやレースクイーンの衣装に使う場合もあります。

 

各メディアに痛車勢力としてとりあげられ、

 

サーキットを萌えあがらせている痛車は今後もますます増えそうですね。

 

 

ところでそんなイタシャは売れるのでしょうか?

 

実際に査定した友人によると

 

十分売れる

 

とのこと

 

もともとイタシャは大切に乗られている車がおおく、状態さえ良ければ基本的に高値がつく車なのです。

 

イタシャだから売れないと思い込まず、

 

一度車買取査定に出してみてはいかがでしょうか?