査定当日に車の鍵をなくしたらどうしたらいいですか?

査定当日に車の鍵をなくしたらどうしたらいいですか?

 

査定当日に車のカギをなくしてしまった場合。

 

ピンチですよね。

 

こんなときどうすれば良いでしょうか?

 

車のカギにはメインキー、スペアキーがあります。

 

もし無くしたカギがどちらか一方ギであれば、車のドアを開けてエンジンをかけることができます。

 

あわてずにスペアを探しましょう。

 

メインキー、スペアキーのどちらのカギもなくしてしまった場合。

 

ドアを開けられませんので、エンジン、ライト、内装ののチェックができません。

 

最終的な査定額を決定することは難しいというのが現実です。

 

中古車買取査定の大まかな流れは、

 

@車種

 

A装備品などを含むグレード

 

B年式

 

C走行距離

 

D車検証

 

E外観のチェック

 

F内装のチェック

 

Gエンジンルーム

 

Hライトのチェック

 

がメインです。

 

査定マンによって少し異なります。

 

@からD番は車のカギがなくても確認できます。

 

どうしても、エンジンや、ライトチェックは車のカギが必要です。

 

メインキーを無くした状態で査定を受けることは、キーレスエントリーや、スマートキーなど、査定額に影響のあるオプションを失った状態といえます、

 

メインキーを無くした場合の対応方法ですが

 

→売主がディーラーで新しいメインキーを作ってから再査定を依頼

 

→メインキーをディーラーで作り直す費用を査定額から引いてもらう

 

などの対応が考えられます。

 

どのような対応にしても、買取査定業者と相談してください。

 

もし査定当日にカギをなくしてしまった場合、速やかに業者へ連絡することが大切です。

 

別日程で査定する日程を設ける

 

カギなしで査定できるところだけを当日に行う。

 

などもできますが、

 

カギを見つけた、もしくは新しいカギを作った時点で再査定の調整をする

 

いずれにせよ業者と相談をして費用のかからない方法を検討しましょう。

 

なくさないに越したことは無いので、車を売る!と決めたら、気をつけてくださいね。

 

あなたの車を少しでも高く売りたいならこちらをご覧下さい。

 

→ 車高額買取