車査定に出す際にはライフ(ホンダ)の相場をチェック

車査定に出す際にはライフ(ホンダ)の相場をチェック

 

ホンダのライフはかわいいスタイルで女の子に人気の車種です。

 

軽自動車でコンパクトですが、内装はわりと広いので使い勝手がよく、最近では女の子だけでなく男性や主婦層、年配層にもファンが多いようです。

 

さらにカラーバリエーションも豊富になり、ますます人気が高まり軽自動車の中でも特にポピュラーな車と言えそうです。

 

さて、そんなライフですが車売却を考えた時には買取りの相場はどのくらいになっているのか調べてみると良いでしょう。

 

もともと人気のある車種ですので、他の軽自動車よりも比較的ライフの買取り相場は安定しています。

 

特に3代目以降のモデルでは高めの買取りが期待できそうです。

 

どの車種もそうですが、コンディションによって相場から異なりますが、なるべく高く車売却するためには多くの業者から査定の見積りを取ることです。

 

買取り業者によっても、ドレスアップ車を得意とする業者や、軽自動車の買取りに力を入れている業者など様々ですので、

 

より多くの業者の見積りを比較することがポイントになりますが、その際には複数の買取り業者への査定依頼が1度にできる一括査定が便利です。

 

より高く車売却するために、複数の業者を比較して検討することが賢い車売却の仕方と言えそうです。

 

 

 

ライフ(ホンダ)の買取り相場と賢い車売却の仕方

 

人気の高い軽自動車として挙げられるのがライフ(ホンダ)ですが、様々な魅力があり支持を集めています。

 

例えば運転時の視界が良いデザインとなっていますので安全で快適なドライブを楽しむ事ができますし、車内は非常に広い作りですので開放的な気分で運転する事ができます。

 

また、燃費の良い車種という事もあり、お財布に優しく利用する事ができます。

 

さらには流行に左右されないデザインですので、中古車市場でも人気が高くなっていますし、車査定の際にも高値を付けてもらい易くなっています。

 

実際にライフ(ホンダ)を車査定に出すからには高値を付けてくれる業者に売りたいものですが、その為に重要になるのが相場を把握しておく事です。

 

相場をしっかりと把握する事で車査定の際に出される価格の高い安いを判断できるようになりますので、高値を付けてくれる業者もきちんと見極められるようになるのです。

 

相場を掴んでおかないと、車査定の際に安値を提示されても良し悪しが分からず、時にはそのまま売ってしまい損をしてしまう事もあります。

 

そういった損をするのはやはり嫌なものですので、損をしない為にも、そして高値で売る為にもしっかりとライフ(ホンダ)の相場をチェックしておく必要があります。

 

 

国産車は海外で人気?

 

国産車は相変わらず海外で人気のようですね。

 

国内乗用車8社が2012年の海外生産台数速報をまとめましたが、

 

前年度比14.6%増だったようです。

 

結果的に1530万654台。

 

特にトヨタ、ホンダの海外生産の躍進が目立ちますね。

 

トヨタでは、17.8%増

 

ホンダでは、40.5%増だったようです。

 

中でも景気が上向いているアメリカで伸びて、中国の減少を相殺したようですね。

 

トヨタはカムリ、阿波論などの新型車がのび、ホンダは、アコードなど基幹車種が支えたとのこと。

 

また、日産も、アルティマが好調だったようです。

 

海外生産が 上位8社のなかで唯一マイナスだったのは松田。

 

フォードモータースとの合弁工場で、マツダ車の生産を終了したのが原因です。

 

トヨタあはアクアが好調なので、まだまだ伸びそうですね。

 

ホンダは、軽自動車販売数が伸びて、2.2倍という結果になったようです。

 

 

こういったニュースを見ていると、国産車が海外にどんどん輸出されていくことが予想されます。

 

あなたの車の買い替えには、車買取専門店の査定を申し込むことをおすすめします。

 

2013年8月新車販売

 

2013年8月新車販売はアクアが2ヶ月連続首位でした。

 

1.アクア トヨタ

 

2.N BOX ホンダ

 

3.プリウス トヨタ

 

4.ムーブ ダイハツ

 

5.ワゴンR スズキ

 

6.スペーシア スズキ

 

7.ミラ ダイハツ 

 

8.デイズ 日産

 

9.ノート 日産

 

10.タント ダイハツ

 

エコカー補助金効果の反動で市場全体はマイナス傾向

 

軽自動車とハイブリッドカーの売上金額は堅調。

 

軽自動車は、7月よりも多い1車種多い7車種がトップ10入り。

 

 

チャイルドシート使用が6割台に

ジャフと警察でチャイルドシート使用状況について調査、公表してきた結果、

 

6歳未満全体の使用率が調査開始以来初めて6割越えしたようです

 

正しい取り付けや着座が出来ていないケースもいまだあるようです。

 

チャイルドシート使用義務は、6歳未満の子供ですが、

 

大人と同じシートベルトを着用できる体格になるまで、ジュニアシートを使わないと危険であることが

 

ジャフでおこなった衝突テストでわかっています。

 

6歳を過ぎても、シートベルトが対確認あうようになるまではジュニアシートを着用したほうがいいということですね。

 

9月と10月は自動車点検整備推進強化月間です

 

車の日常点検、定期点検、整備の実施は法律で定められたユーザー義務ともいえます

 

 

タイヤ圧、
ブレーキ液

 

エンジンオイル

 

バッテリー

 

など車の状況を日ごろからチェックし、

 

安全な走行をしたいものですね。

 

 

環境のためにも、定期点検と整備を心がけるといいですね。