車下取りと車買取の違いとは

車下取りと車買取の違いとは

 

車下取りと車買取は大きな違いがあります。

 

まず、車下取りは車買い替えの際に、新しく買う車の購入資金としてディーラーに引き取ってもらうことを指しています。

 

車下取りの場合、ディーラーが持っている価格表を基準に、下取りに出す車の状態をみて車査定額が決まります。

 

次に買いたい車とメーカーが違っていても、たいていディーラーで下取りしてくれます。

 

車買取りに関しては、買取り専門店が車査定を行って車の値段を出します。

 

車買取りの場合も買取に出したい車の状態が車の査定額を左右するのは一緒です。

 

ただ、査定額の基準は、オートオークションの車買取相場を参考にしています。

 

例えば、プリウスなど人気の高い車種であれば、車査定額がアップしたりします。

 

車下取りと車買取ではどちらがより高い金額で車を売れるのでしょうか?

 

ここ最近では、車買取りの方が高い金額となることが多いです。

 

買取り専門店は豊富な車販売のネットワークを駆使して車を売るので、下取りより高い価格であっても利益が確保できるからです。

 

車下取りをする場合でも、ディーラーが下取り強化キャンペーンなどを行っている時は、買取りよりも高い査定額となる場合がありますが。基本的には、下取りのメリットとしては、車を売るとともに新車へすぐ乗り換えられることですね。

 

ディーラーへの下取り価格を上げることはなかなか難しいのが現状です。

 

自分の価値観と照らし合わせて、より良いと感じられる方法で車を売ることをおすすめしますが、

 

車高額買取を実現したいのであれば、

 

車買取専門店への一括見積もり査定をおすすめします。

 

 

車高額買取