車査定を受けてアルトラパン(スズキ)の相場を調べよう

 

車査定を受けてアルトラパン(スズキ)の相場を調べよう

 

少し前までの軽自動車といえば、パワーがなくて狭いと言った本当に仕事などで街中をちょっと回るために使うものといった感じがありましたが、最近の軽自動車は十分に走って室内も広いものが沢山出てきましたね。

 

また、外観も昔の軽自動車はいかにも無骨で商用車然とした車が多かったのですが、最近の軽自動車は見かけにもこだわった車がたくさんあります。

 

そのため、小さくて小回りがきいて見かけにも可愛い軽自動車を選ぶ女性も多いのではないでしょうか。

 

スズキのアルトラパンはウサギのエンブレムが可愛い軽自動車ですよね。

 

可愛いだけでなく四角いボディのため、見切りが良くて運転がしやすい車でもあります。

 

そこで、自分の乗っているアルトラパンがすぐに手放すつもりは無いけれどいくらぐらいの価値があるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

自分の車の相場価格を知っておくというのは、売る気がなくてもとても大事なことです。

 

そのため、一度は車査定を受けて自分の車の価値を知っておくとよいでしょう。

 

車査定と聞くとなんだか面倒な印象を受けるかもしれませんが、最近は複数の業者から一括車査定を受けることのできるサービスなどもあるので、車査定を受けることはとても簡単なことなのです。

 

自分の車の価値が気になった時には一度、車査定を受けてみてはどうですか。

 

 

アルトラパン(スズキ)の車売却したときの相場は

 

スズキのアルトラパンは女性に人気の高い軽自動車で有名ですが、その人気は中古車市場でも変わらず高い人気があります。

 

このため中古車の買取価格も高く期待が出来る車売却が行えます。しかし期待出来るからと言っても、いくらくらいで売れるものかを知っておくことが出来れば安く買い取られることはなくなります。

 

それには車売却したときのおおよその相場を知っておく必要があります。アルトラパンでしたら女性に人気の車の買取に強い業者を探し出して、こういった買取業者からいくつか見積もりをもらうようにすれば、大体の車売却時の値段が把握出来るようになるでしょう。

 

少なくとも3社以上から査定見積もりをとると買取価格に数万円の差が出てきて、査定額の安い業者と高い業者が見えてくるようになります。

 

査定額というのは買取業者によって違ってきます。その差額は10万円以上違う場合もあります。このことからより多くの買取業者から見積もりを比較することで、より高くアルトラパンの車売却が出来るようになります。そのために何軒もの買取業者をまわることは大変なことになってきます。

 

そこで複数の買取業者に査定依頼が一度に出来る一括査定のサイトを利用することで相場をすぐに知ることが出来ます。

 

 

ミライース低燃費化へ

 

車査定を受けてアルトラパン(スズキ)の相場を調べよう

 

ダイハツのミライースが低燃費と低価格にさらに成功させたようです。

 

いま、軽自動車の需要がますます増えており、

 

ダイハツが入れているのも、ミライースですね。

 

8月19日にダイハツ工業は、軽自動車「ミライース」を一部改良して発売しました。

 

ガソリン車トップとなるガソリン1リットル当たり33.4キロの燃費を達成

 

そして、価格は前モデルより5万円安い74万5000円からという業界を注目させる設定!

 

低燃費と低価格を一層進化させたミライースは月9000台の販売目標とのこと。

 

 

日本国内ではここ最近ハイブリッド車(HV)による燃費競争が過熱しています。

 

しかし最近では、HVの半値以下で手に入る軽自動車の燃費性能も大幅に向上し販売台数が伸びている現状。

 

車体の価格が購入を決める大きな要因だといえます。

 

 

 

ダイハツのミライースは、

 

昨年12月に発売した軽「ムーヴ」の低燃費技術を活用した軽自動車です。

 

従来の30.0キロより燃費性能を11%向上

 

部品調達を含めたコスト削減を実施し、前のミライースよりも5万円価格を下げることに成功。

 

ミライース開発責任者の中島雅之チーフエンジニアは

 

「一部改良時点での値下げは視野に入れていた。ミライースは低燃費、低価格でなければならないという使命がある」

 

とコメント。

 

 

先行車に衝突する危険性があると感知したとき、自動的に急ブレーキをかける機能を搭載したモデルも

 

94万円からと100万円を切る価格に設定。

 

自動ブレーキを搭載しているスズキの軽「ワゴンR」(116万250円から)より20万近くやすいことになります。

 

 

軽自動車ユーザーの購入有無は100万円が大きな分岐点となります。

 

100万円以下で自動ブレーキを搭載できた今回のモデルは軽自動車販売強化として意義深いとのこと。

 

 

その一方、軽の“高級路線”を強める傾向もあります。

 

ホンダの軽「N−ONE(エヌワン)」

 

最低価格が115万円ですが、

 

エヌワンの上級モデル「エヌワンプレミアム」(136万円〜)の販売台数が全体の4割強を占めている。

 

 

また、室内空間の広さが人気の日産自動車の軽「デイズ」

 

「見た目の高級感がある上級モデルの方が売れている」(日産販売店)という。

 

軽は小型車からの乗り換えも増えており、ユーザーの嗜好(しこう)も多様化しているといえます。

燃費について

ドライバーならリッター何キロ走ったという会話をしますよね

 

自動車カタログにも○km/リットルという記載があります。

 

燃料1リットルあたりに何km走るかを示す値です。

 

車の燃費を表すのが一般的で、この値が大きいほど経済的、環境的に優れていると言えます。

 

最近、燃費をディスプレイに表示する車が増えています。

 

こうした機能がなくても満タン法でおおよそ燃費を測れます。

 

燃費は必ずしも一定ではなく、低速で走り続けられる状況ではよくなりますが、

 

渋滞のようにストップとゴーを繰り返す道路では燃費は悪くなります。

 

ドライバーの運転の仕方も大きく影響するので、運転が上手い人と下手な人では車の種類によって倍以上燃費に差がつきます。

 

車の運転テクニックで燃費は変わるので、燃費向上をめざしてみてください。

 

 

 

1.燃費はアクセルワークで変わる

 

じわっと発進したあと素早く加速

 

目標の速度の少し手前でアクセルを緩める

 

一定速度で走る時間を長くすると燃費がいいです。

 

燃費が悪い例は急に踏み込んで緩める

 

速度が足りずに再加速して目標速度を超過すると燃費が悪くなります。

 

 

⇒ 常に先読み運転

 

車はアクセルペダルを踏まなければ走っている間燃料を消費しません。

 

走行中前方に渋滞と赤信号、下り坂を見つけたらできるだけ早めにアクセルペダルから足を離すといいです。

 

 

また走る環境で燃費が変わります。

 

一定速度で走れる高速道路、幹線道路は燃費は良くなります。

 

また、渋滞と信号でストップ&ゴーが多い街中と加速減がはげしい山岳路は燃費が悪化します。

 

走行環境と運転方法によりますが、

 

2倍くらい違うことがあります。

 

 

燃費グラフを作る

 

最近燃費履歴を表示する車も出てきていますが

 

燃費を測ったらノートなどに記録しておくと、燃費を意識して記録し続けると不思議なことにそれだえkで燃費が良くなります。

 

グラフにすると変化がわかりやすく燃費が向上します。