スズキ最高益更新 2013年3月期

アルト(スズキ)を車売却しようと思ったらまず相場の確認を

 

最近の軽自動車は車内がとても広くそれでいて走りの方も軽快なため普通に乗る分には全く不満を感じられないものになりました。

 

そのため、わざわざ維持費の高い普通車よりも軽自動車を選ぶと言う人もたくさんいますよね。

 

スズキのアルトといえば軽自動車の代表的な車で多くの人が乗っています。

 

軽自動車らしい良さがぎっしりと詰まったアルトは小柄な車体のため狭い道も楽々走れて、小回りも利くから運転もしやすく、燃費も良くて維持費もかからないと言った車です。

 

そのため、一人で乗るには実に最適な車ですが将来のことを考えて車を買い換える際にはいくらぐらいの価値があるのだろうかと思っている人も多いのではないでしょうか。
そのような時は車査定を受けて自分の車の価値を調べてみてはどうでしょうか。

 

最近はインターネットが普及したことによって複数の業者から一括で車査定を受けることができるようになったので、ひと目で相場がわかるようにもなりました。

 

車査定を受けて自分の車の価値を知っておけば、買い替えの予定なども立てやすくなるためとても役立つことでしょう。

 

もちろん車査定は無料で受けることもできるので、価値が気になった時はまず調べてみるのも悪くないのでは無いでしょうか。

 

 

アルト(スズキ)の車査定を受けて相場をチェックしよう

 

軽自動車は維持費が安くて、燃費が良くて小回りがきいて乗りやすい日常の足として使うには大変便利な車です。

 

少し前まではこれらのメリットの代わりに、遅くて狭いと言ったイメージがありましたが最近の軽自動車は必要十分に走り、車内空間も普通車に比べて遜色ないほどに広いものばかりですよね。

 

アルトといえばスズキの出している軽自動車ですが、シンプルな作りだけに価格も安く商用車として広く使われています。

 

そして、商用車としてだけでなく日常の足としても軽自動車の良い点を詰め込んだような車だけに多くの人が乗っている車ですよね。

 

しかし、いくら軽自動車の性能があがったと言っても常に4人を乗っけて走ることが多いという人には力不足なところがあるのも否めません。

 

そのため、そのような人たちはアルトを売却して新しい車に買い替えようと考えている人も多いことでしょう。

 

車売却する時は少しでも高く買い取りしてもらいたいですよね。

 

そのためには自分の車の相場を知っておくことがとても重要です。

 

相場を知らずに車売却をしようとすると、相手の言い値で売るしかありませんが相場を知っていれば交渉をする余地が生まれます。

 

車売却というのは大きなお金が動くだけに、少しでも自分に有利に取引を進めたいですよね。

 

車売却する時はまずは相場を確認してから、これを覚えておくと有利に取引を進めることができるかもしれませんよ。

 

 

 

スズキ最高益更新 2013年3月期

 

本日の日経新聞に、2013年3月期スズキ最高益更新という記事が出ていました。

 

本格的に景気上向きの兆しですね!

 

純利益803億円と前期比49%増

 

配当も3円ましの年間18円

 

インドやインドネシアなどで成長し、国内市場の伸び悩みを補うことで、

 

営業利益

 

経営利益

 

純利益

 

全て最高になる見通しとのことです。

 

 

国内軽自動車の販売シェアについては30%死守を掲げているということから、

 

スズキの軽自動車に対するつよいこだわりを感じますね。

 

今期の売上高は9%増えて2兆8000億円

 

やはりインド、タイ、インドネシアなどアジア諸国が牽引して、海外販売額も8%増加の214万台と伸張。

 

 

インド経済は今までの勢いがなくなってきているというものの、

 

スズキの投入した小型車、エルティガの販売が好調を維持しているようです。

 

 

東南アジア諸国でも1万台は増やす計画。

 

 

国内販売が前期大幅増益の要因ですが、今期はエコカー補助金の反動が避けられないとのこと。

 

しかし、エコカー補助金に関しては、どのメーカーも一緒でしょう。

 

ダイハツ、ホンダなどとの競争も激化。

 

国内の販売台数は今期66万台と2%減る見込み。

 

軽自動車市場は、170−190万台。

 

スズキはその中で58万台をとりたいと公言しています。

 

自動車メーカーは海外比率が高い場合、為替の影響を大きく受けます。

 

想定為替レートを一ドル90円、1ユーロ120円、1インドルピー1.7円といずれも円安に設定するk遠出、利益押し上げは260億円にもなるとの事。

 

為替の影響は大きいですね。

 

また、国内シェア回復と並ぶ課題として、2輪があります。

 

前期119億円の赤字となっている2輪事業の建て直し。

 

インドを中心に販売台数は増えている

 

赤字解消には2年かかるとの事。

 

ドイツのフォルクスワーゲンとの資本提携解消をめぐる対立も長期化しているという課題もあるようですが、

 

これからのスズキは期待できそうですね。

 

国内メーカーには是非がんばって欲しいものです。

スズキ 軽自動車とSUV融合

スズキ新型ハスラーは軽とSUVを融合

 

スズキが1月8日からハスラーを発売しました。

 

スズキは軽ワゴンとSUV(スポーツ用多目的車)をクロスオーバー(融合)させた

 

新型軽自動車として、ハスラーは話題です。

 

車台はワゴンR、広い室内空間が人気の理由です。

 

オレンジやピンクなど車体色も11パターンの組み合わせから選べるのが幅広い世代の人の注目を集めています。

 

大きめのタイヤで安定感がある乗り心地で、

 

一部を除いて雪道でも滑らかに発進できる

 

また、寒冷地での運転にも配慮されていて、

 

104万8950〜157万6050円というリーズナブルな価格。

 

軽自動車の開発競争が激しいがSUVとの融合の理由とは!?

 

軽自動車は生活の足であり、使いやすさをベース、

 

ラフロードでも走りやすい機能をプラスしているのが最大のメリット。

 

雪国ではさらに生活に使いやすいクルマになり、軽自動車の魅力的な部分を最大化させたのがハスラーといえます。

 

クロスオーバー車種はアクティブなイメージがあり、

 

既存の軽自動車に比べて、個性的にデザインしやすい。

 

黒のガーニッシュバンパー、楽しんでデザインできるのがメリット。

 

クロスオーバー対象にSUVを選んだ理由とは

 

SUVはジムニーに代表される、スズキの得意分野。

 

軽のクロスオーバーを造るというコンセプト。

 

アウトドアやスポーツなどアクティブなライフスタイルを好む人がハスラーに人気。

 

老若男女で性別や年代は絞らず、

 

デザインでは人と違う個性を求めている人をイメージしたという。

 

軽自動車の買い替えを検討中なら、ハスラーがオススメです。

 

軽自動車を高額査定して高く売却し、そのお金でハスラーを値引きしてみましょう♪